TOP > ホビー・ゲーム > カメラ道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 カメラ道場

RAWデータってすごいんです

◇評価 50ポイント
◇閲覧回数 16,002
◇登録日
2009年7月15日

Check

前のネタへ
次のネタへ
デジカメで保存されるデータは基本的にJPEG方式で保存されます。
圧縮がバランスよくなっており、汎用性に富み標準的なフォーマットとなっており
画像的にも劣化が少なく非常に素性の良い方式です。

しかし、このJPEGにも弱点があります。それは加工に非常に弱いことです。
フォトショップなどで加工(特に明るさやホワイトバランス)に手を入れると
たちまちノイズ(粗いかんじ)が乗ってしまいます。

そこで、RAWデータの登場です。このフォーマットは生データとなり、容量はJPEGの倍近いのですが、加工をしても劣化しないという特性があります。

しかも、EOSkiss 2桁シリーズ、1桁シリーズ、ニコンの殆どの機種に保存形式と
して登録してあり、加工ソフトもキット標準で同梱されています。
特に、露出の修正には定評があり、暗いレンズで望遠側でとった写真を、ノイズ
を乗せることなく明るくすることが出来ます。私が撮った写真の殆どはRAWデータ
で撮影しています。

RAWデータからJPEGに同梱のソフトで変換すれば、適正な明るさを表現したままフォトショップなどで、リサイズやトリミングも出来ます。

最新のフォトショップであれば、RAWデータのまま、リサイズも出来るみたいです。RAWデータ対応機種をお持ちで、望遠側の明るさで悩んでいる人や、ノイズ
で悩んでいる人にはお勧めのフォーマットです。


さらに・・高感度で撮影したISO800以上で発生するノイズもこの同梱ソフト
で緩和することができるのです。ということは常用感度より一段高くして、シャッタースピードも稼げます。屋内スポーツなどで、動きが速い場合高速シャッターに
近づけることができ、手ブレが激減します。



【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。