TOP > アニメ・漫画 > 【素晴らしき日本の文化】漫画道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 【素晴らしき日本の文化】漫画道場

手塚治虫×浦沢直樹「PLUTO」がハリウッドで実写映画化!

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 17,463
◇登録日
2010年10月21日
すみれ
すみれ

Lv.83

Check

前のネタへ
次のネタへ

手塚治虫×浦沢直樹「PLUTO」
ハリウッドで実写映画化!


「MONSTER」「20世紀少年」などで知られる漫画家の浦沢直樹氏(50)の人気漫画「PLUTO」がハリウッドで実写映画化される。

「アイス・エイジ」(02年)などを手掛けた米プロデューサーのクリス・メレダンドリ氏が製作し、監督、脚本、キャスト、公開時期などはこれから決める。

「PLUTO」は手塚治虫さんの傑作「鉄腕アトム」のエピソードの一つを浦沢氏がリメーク。人間とロボットが共存する世界を舞台に、ロボット刑事「ゲジヒト」や「アトム」がテロリストと戦うアクション漫画だ。

映画の製作には、手塚さんの長男で手塚プロダクションの手塚眞氏(49)も加わり「手塚治虫と浦沢直樹のコラボレーションは、黒澤明と北野武が出会ったような漫画の大ニュース。そこにグローバルな映画のアーティストたちの手が加われば、その興奮は数倍にもなる」と期待する。

メレダンドリ氏は手掛けた映画の総興行収入が20億ドル(約1620億円)を超えるヒットメーカー。全米公開中の「怪盗グルーと月泥棒3D」(29日日本公開)は全米アニメ映画歴代10位の興行成績を記録した。「PLUTO」の実写化について「キャラクターと心温まるストーリーに感動したんだ」と話している。21日には第23回東京国際映画祭(23日開幕)に参加するため来日。新作の全容を明らかにすることになりそうだ。

浦沢氏は「“PLUTO”を描くことはとてつもない挑戦でした。今回、その実写映画化に挑む新たなチャレンジャーが現れました。大の手塚ファンの私は期待を込めて見守りたい」と話している。

▽「PLUTO」 原作は浦沢氏が大好きな「鉄腕アトム」のエピソード「地上最大のロボット」。03〜09年に「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載。全8巻の単行本は850万部以上を売り上げた。主人公はドイツの世界最高水準のロボット「ゲジヒト」。アトム、ウラン、お茶の水博士、天馬博士などアトムでおなじみのキャラクターが登場。平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞。(Yahoo!コピペ)



ハリウッドで実写映画化!!凄いですね!
原作のPLUTOが名作なので映画も楽しみです☆☆

PLUTO 1巻 浦沢直樹
PLUTO 全巻 浦沢直樹
PLUTO 1巻【豪華版】
鉄腕アトム 地上最大のロボット
PLUTO 1巻
浦沢直樹
PLUTO 全巻
浦沢直樹
PLUTO 1巻
【豪華版】
鉄腕アトム
地上最大のロボット

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る