TOP > エンターテイメント > 名作映画道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 名作映画道場

レオン

◇評価 50ポイント
◇閲覧回数 9,773
◇登録日
2007年10月5日
Tippy
Tippy
道場主

Lv.25

Check

前のネタへ
次のネタへ
「レオン」といえば、名作洋画ランキングには
必ずと言っていいほど、上位にくる作品である。
それくらい、たくさんの映画ファンに愛されている作品だ。

リュック・ベッソンは「アーサーとミニモイの不思議な国」
を最後に監督業を引退する。
だから映画ファン、レオンファンの一人として
監督リュック・ベッソンに敬意を払い、このネタを書くことにしました。

フランス映画「グレート・ブルー」「ニキータ」で
その才能を世間に知らしめた、リュック・ベッソンが
ハリウッドに招かれて作り上げた、仏米合作映画。

パーフェクトに仕事をこなす、殺し屋・レオン(ジャン・レノ)と
麻薬組織によって、家族を惨殺された少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)
の純愛と復讐劇。



ニューヨーク・リトル・イタリー。
イタリア人レオンは「女と子供は殺(や)らない」というポリシーを
持ち、パーフェクトに仕事をこなす、殺し屋。
彼が暮らす部屋の隣には、12歳の少女マチルダが住んでいた。

ある日、麻薬の売人である父親のトラブルから
父親と義母と義姉、そして唯一の血縁である弟が惨殺された。
偶然現場にいなかったマチルダは難を逃れるが、
弟の復讐を誓い、レオンに弟子入りを志願する。

やがて二人の間には友情とも愛情ともつかない、奇妙な感情が芽生えるが
麻薬捜査官スタンスフィールドへ、復讐を告げる日がやってくる−。

この作品は、とにかく個性派揃い。
恐ろしいほどの、すばらしい演技のぶつかり合いだ。

リュック・ベッソンとは古くからの友人であるジャン・レノ
が主人公レオンをクールに繊細に演じていることは
言うまでもないが
本作で堂々たる演技で、華々しくデビューした
ナタリー・ポートマンも
とても12歳とは思えないほど、大人びた一面と無邪気な一面を
併せ持つマチルダをうまく演じている。

また復讐相手である麻薬取締局の汚職刑事スタンスフィールドを演じた
ゲイリー・オールドマンも強烈な存在感で観る者を圧倒させる。

映画好きでも、そうでなくても、一度は観る価値ありの作品。


レオン(THE PROFESSIONAL)
1994年 フランス=アメリカ 111分
監督:リュック・ベッソン
ジャン・レノ ナタリー・ポートマン ゲイリー・オールドマン
ダニー・アイエロ ピーター・アペル マイケル・バダルコ
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。