TOP > アニメ・漫画 > 韓国のTVドラマ紹介道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 韓国のTVドラマ紹介道場

ゴールデングローブ賞テレビ部門で動画ストリーミングサービスのドラマが大躍進

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 2,349
◇登録日
2015年12月17日
esjeen
esjeen
道場主

Lv.20

Check

前のネタへ
次のネタへ
先日発表されたゴールデングローブ賞のノミネート作品、テレビ部門において最多8部門でノミネートを獲得したのは米有料チャンネルのHBOや主要ネットワーク局ではなく、ストリーミングサービスのNetflixだった。
 同じくストリーミングサービスのAmazonは5部門、Huluは1部門で、計14部門がオンライン番組で、ゴールデングローブ賞授賞式の全米放送を行うNBCのドラマは一本も選ばれていない。ストリーミングサービスが提供するオリジナルドラマは、従来のテレビドラマとの差別化を図るため、野心的な作品が多い。そのため、マスコミや批評家に高く評価される傾向があると、ロサンゼルス・タイムズ紙は指摘。この現象は、2000年代前半に米有料チャンネルが従来の主要ネットワーク局に対抗して野心的なドラマを発表していった状況に似ているとしている。
 ちなみに、ゴールデングローブ賞テレビの部の作品賞のノミネートは以下の通り(かっこ内はアメリカでの放送局、またはストリーミングサービス)。
ドラマ部門 作品賞
▽作品賞(ドラマ)
「Empire 成功の代償」(FOX)
「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」(USA)
「ナルコス」(Netflix)
「アウトランダー」(Starz)
▽ミュージカル/コメディ部門 作品賞
「Casual」(Hulu)
「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」(Amazon)
「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(Netflix)
「Silicon Valley」(HBO)
「トランスペアレント」(Amazon)
「Veep」(HBO)
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る