TOP > アニメ・漫画 > 激安DVD販売専門店道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 激安DVD販売専門店道場

韓国ドラマ特集「君の声が聞こえる」紹介

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 3,120
◇登録日
2014年7月11日
壮一郎
壮一郎
道場主

Lv.15

Check

前のネタへ
次のネタへ
○チャン・ヘソン/イ・ボヨン
順序が間違ってんじゃない!!
真実は裁判で勝つのではなく
裁判で勝つのが真実なんだ。
例もなく、控えめでもない。
人と絡み合うのを嫌がって友達もなく、
干渉を嫌いな先輩も後輩もない。
家政婦のひとり親の一人娘として生まれ、しつこく勉強
貧しくて悔しい人たちを擁護する人権の守護者
国選専担弁護士までになった。
そのようなヘソンの前に現れた謎の少年、スハ。
その少年に会ってヘソンはドヨンを相手にする強力な力を持つようになる。
その力は、まさにスハが相手の心を読むことができる能力を持っているということ。
スハを得たヘソンの弁護は熱く、激しくなり始める。
○パク・スハ/イ・ジョンソク
俺は他の人の心を読むことができている。
それが証拠だ!
相手の目を見て心を読む能力を持つ少年。
人々には秘密である。言ったところで精神病扱いやするから。
ハンサムなうえにスマートで、そこにテコンドー有段者までの
この少年を、どの女が好きではないだろうか。
しかし、スハの心を奪った女性はまさに一人。
10年前に父を殺した犯人ミン・ジュングクをキャッチできるように助けてくれた人。
まさにヘソン。
10年後。
また会ったヘソンの姿は10年前とは別の情けない姿だった。
彼女を守ってあげたいスハの誓いも今はとても冷たい塵になって、
ただため息だけだ。
しかし、このままあきらめるには彼女を訪ねてきた10年前の歳月が
あまりにも非現実的である。
10年前、法廷で恐怖に対抗して証言していたチョ・ヘソンは、
まだ生きているだろうと信じているからだ。
○チャ・カンウ/ユン・サンヒョン
世界の人がすべて信じてなくても
弁護士は、被告人を信じなければならないものでは
ありませんか?
警察出身の国選専担弁護士。
司法試験を終えてからカンウの目標は、
国選専担弁護士であった。
貧しい隣人のために走ることができる
やりがいの仕事をしたかったから。
それが自分に与えられた使命だと固く信じていた。
白い靴下に黒い靴、木製であるメガネまでファッション感覚ゼロだ。
混乱した状況が近づけば頭を乱す癖がある。
事件を分析する際の弁護士の目や警察の目
両方を使用して見る。
他の弁護士が探せない争点を見つける能力が優れている。
<ストーリー>
俗物国選専担弁護士のチョ・ヘソン、人の心を読む謎の超能力少年パク・スハ、
まっすぐな男チャ・カンウが出会って起こる事件を描いたドラマ
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。