TOP > 学問・研究 > 大人の豆知識道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 大人の豆知識道場

1550nm 0.64MHz 狭線幅ファイバーレーザー: 高精度光源の新たな選択肢

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 67
◇登録日
2024年6月5日
laser211
laser211

Lv.14

Check

前のネタへ
次のネタへ
これは1550nm SMファイバーレーザーベンチトップです。出力ファイバーSMまたはPMはオプションで、ここではSMファイバーが装備されています。レーザー出力は調整可能で、調整精度は1mW、調整範囲は10〜100%です。ボタン制御とソフトウェア制御をサポートしています。

Youtube: https://youtu.be/d5KsMnUEQT4




ビデオからわかるように、1550nm は赤外線レーザーで、肉眼では見えません。観察するには赤外線検出ボードを使用する必要があります。



1550nm 1MHz 狭線幅ファイバーレーザーは、高精度、高性能の光デバイスです。光ファイバーをゲイン媒体として使用し、希土類元素の励起により 1550 ナノメートルの波長のレーザーを生成します。非常に狭い線幅 (1MHz) を備えているため、高い周波数安定性と狭帯域幅特性が保証されます。このレーザーは、スペクトル分析、光干渉、光ファイバー通信などの分野で重要な用途があり、高解像度で正確な測定結果を提供できます。同時に、その高いビーム品質は、精密加工やレーザー切断などの産業分野に適しています。つまり、1550nm 1MHz狭線幅ファイバーレーザーは、さまざまな精密測定や産業用途のニーズを満たすことができる多用途で高性能な光源です。



1550nm帯の単一波長レーザー(低電力)は、高安定性の半導体レーザーチップ、シングルモードファイバー出力、専門的に設計されたドライブと温度制御回路制御を採用し、レーザーの安全で安定した動作を保証します。









1550nm 0.64MHz 狭線幅ファイバーレーザー光源の詳細については、CivilLasers をご覧ください。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。