TOP > 学問・研究 > 超常現象道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 超常現象道場

2012年に地球は本当に滅亡するのかマヤ族の長老に聞いてみた!

◇評価 83ポイント
◇閲覧回数 19,422
◇登録日
2009年10月19日

Check

前のネタへ
次のネタへ
AP通信がマヤの長老であり、マヤ文明の権威としても有名なApolinario Chile Pixtun氏にインタビューした。

AP通信によると同氏は、最近マスコミから「2012年人類滅亡説」に対する彼の
見解についての問い合わせが殺到し、疲れ果てているという。
彼らは口を揃えて、「2012年に地球は本当に滅亡するのか」と質問するそうだ。
その度に、「マヤ族はそのような予言をしたことがない」と首を横に振る。
「西洋のマスコミが勝手に作った話。マヤやキリスト教の終末論は、
人々を不安にさせるだけだ」。

「2012年人類滅亡説」は、マヤ文明において使われていた暦の1つ「長期暦」が
2012年12月21日ごろに区切りを迎えることから連想された終末論。
同文明では、1つの周期の終わりが滅亡に結び付くと考えられることもあった。

確かに、地球温暖化により世界各国で地震や津波が発生したり、
新型インフルエンザが流行したりと、“滅亡へのカウントダウン”が
始まっているのかと錯覚しそうな出来事が起こっている。

しかし実際に、ユカタン半島に住むマヤ族の最大の関心は、
明日雨が降るかどうかだ。
2012年に大雨が降り、大地が潤えばと願うものも少なくないそう。

1999年の「ノストラダムスの大予言」もそうだったが、
その日が近づくにつれて不安が高まる。

【ロケットニュース24参照】

映画「2012」予告編
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。