TOP > ミュージック > 大沢木吉伸時計の販売店道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 大沢木吉伸時計の販売店道場

電波時計の仕事の原理は何ですか

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 1,583
◇登録日
2021年4月12日
大沢木吉伸
大沢木吉伸
道場主

Lv.3

Check

前のネタへ
次のネタへ
ウブロコピー電波時計の仕事原理:
1 .自動受信
1回5号の電池を入れると、秒針は時計の12時位置に位置する。そして、針と針は4時、8時、または12時の3つの位置に位置する。そして、3つの針が位置すると、この過程で3針が静止状態にある。正常に時間を受信した後に、時計の針は速く標準時間の位置まで追従して、この過程は最も長い約4分を必要とします。信号が届かないと、3針は静止状態にある。
2 .手動受信
通常の走行状態で、設定キー(SET)を押して4秒間続き、この時点で、次の初期位置(12:00、4:00、8:00のうちの1つ)に回し、信号を受信し始める。受信信号時間は10分以上ありません。標準時間信号を受信して、電波時計時間が受信した標準時間に調整し、標準時間の信号を受信していないと、電波時計が元の時間に戻る。
3 .石英時計歩きモード
電波時計は盲地に石英時計として使われます。
4 .配信時間及び信号カバー範囲の説明
この電波時計は、中国科学院国家授時センターで配信されたBPC(呼番)を受信する時コード信号に適用する。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る