TOP > アニメ・漫画 > 進撃の巨人道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 進撃の巨人道場

進撃の巨人作者諫山創×アニメ後期EDcinemastaffの対談が実現!!! (3)

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 6,564
◇登録日
2013年8月24日
ショーキ
ショーキ
道場主

Lv.57

Check

前のネタへ
次のネタへ


スタジオに集まって、みんなでマンガを読み直すところから(飯田)

──「great escape」のお話も伺っていきたいんですが、cinema staffの皆さんはこのタイアップの話が来る前から「進撃の巨人」を読んでましたか?

久野 はい。メンバー間で教えあうまでもなく、それぞれ自発的に読んでましたね。僕はまだ2巻くらいしか出てなかった頃に、THE NOVEMBERSの吉木(諒祐)くんに薦められました。
飯田 とにかくインパクトがすごかったですね。「世界は残酷だ」ってセリフが何度も出てきますけど、その描写とか全然躊躇がなくて、ついつい読み進めてしまう。エレンとかキャラクターの気持ちがすごく緻密に描かれているから、ありえない世界観でも感情移入しちゃうんですよね。すごく面白かったです。

──ではエンディング曲のオファーが来たときは、全員うれしくてしょうがなかったのでは?

飯田 もう、「よっしゃー!!」って、すぐさま打ち上げしましたね(笑)。好きなマンガにこうして関われることがうれしくてうれしくて。
三島 本当に光栄だと思いました。お話をいただいたのが今年の2月頃で、前のアルバム(「望郷」)のミックス段階でけっこうスケジュールもカツカツだったんですけど、「これだけはやらせてくれ」ってスタッフに頼み込みました。
諫山 そうだったんですか。ありがとうございます。

──諫山さんはアニメ前期のオープニング曲「紅蓮の弓矢」(Linked Horizon)は歌詞の制作に携わっていましたが、この「great escape」では特に関与はしていないんですか?

諫山 今回はそうですね、何もリクエストしてないです。
三島 任せていただいたんだな、と粋に感じました。だから今回はもう僕の解釈でやってやろうって思いまして。作品のイメージに沿って作ることと、音を自分たちらしくすることのバランスをすごく考えました。
飯田 メンバー間でよく話し合いましたね。スタジオに単行本を持って集まって、みんなで読み直すところから始まりました。
久野 わざわざスタジオを借りて、マンガ読んでたんだよね(笑)。「ここがこうだからこういう曲にしようか」とか有益な話し合いじゃなくて、単純に「やっぱり面白いなあ」って話しただけの時間でしたけど。
三島 いやいや、俺はちゃんと考えてたよ!(笑)

聴いていくうちに感想が変わる楽しみがある(諫山)

諫山 最初に聴かせていただいたときになぜか、キーボードの方がいるのかなって思ったんですけど、幻聴でした。
飯田 辻くんのギターの音にけっこうエフェクトがかかってるからですかね。
辻 そうですね。エフェクティブな音色を使うことが多かったです。
諫山 あとは作品に寄せたキーワードっぽいのが聞こえてきて、「うわあ、ありがたいな」っていうか、ちょっと申し訳ない気持ちになって。
三島 なんでですか(笑)。当然のことですよ!

──「壁の外へ」とか、作品に寄せたキーワードが詞に散りばめられてますよね。ネット上でも「この“俺”ってエレンのこと?」とか、さまざまな考察で盛り上がっています。

三島 最初はエレン、ミカサ、アルミンをそれぞれメインに3曲候補を作って、歌詞もほぼフィックスしてたんです。「great escape」はエレンの中の巨人とエレンを思い浮かべて、巨人化の力を制御できるか云々っていうイメージで書き出したんですが、徐々にそれだけの話ではなくなってきて。
諫山 空白があるというか、何にでも当てはめられるように言葉を選んでいる気がしました。
三島 そうですね。ちょっと表現を曖昧にして、聴く側に考えてもらいたいなってあとから思ったんです。
飯田 いろんな考え方ができるんだとしたらお客さんに任せてもいいかなと。エレンの話だと感じる人もいれば、ほかのキャラクター説もあって全然よくて。
諫山 はじめは調査兵団の歌かなって思ったんですが、聴いていくうちに「これにも当てはまるな」っていう感じで、感想が変わっていく楽しみがすごくあると思いますね。
三島 うれしいです!
飯田 今回は4人で話し合って作り上げたっていう実感が強いです。例えば「生きた屍」って部分は三島が変えたほうがいいか迷ってたんですけど、印象的なフレーズだからって僕ら3人が言って残したり。
三島 普段は僕の中にあることをテーマとして曲を作るので、ほかの3人は僕に遠慮して言わないこともたくさんあると思うんです。でも今回は作品に沿うという大前提があったので、4人それぞれがバラバラに持ってた「進撃の巨人」への意識を集約した感じで。僕が中心になって歌詞も書きましたけど、いつもよりすごくディスカッションが多かったですね。勉強になりました。
諫山 バンドだとやっぱり、メンバー間の「ここはこうあるべきでは」っていうぶつかり合いがすごそうだなって思うんですよ。マンガってほとんど1人で作るものなので、楽しいんですけど、1人でできることには限界もあって。だからアニメでは集団で何か1つのものを作ることに参加させてもらっている感じがあって、うれしいですね。
三島 その思いは僕たちもすごくあります。1つのプロジェクトに参加させてもらうことが今までなかったので、新しい喜びがとてもありました。クリエイティブ魂にも火がつきましたね。
飯田 「great escape」が何かのきっかけになって、多くの人に僕らの音楽を聴いてもらえたらとてもうれしいです。

──というところで、残念ながらそろそろ終了の時間になってしまうんですが・・・。

三島 え、マジですか! メンバーそれぞれ、諫山先生と話したい話題を持ってきたんですが・・・。僕は「マブラヴ オルタネイティブ」で、辻はももクロを・・・。
 諫山先生、(有安)杏果推しなんですよね。
諫山 あ・・・はい。モノノフなんですか?
 はい。(百田)夏菜子推しです!
三島 今度、そのあたりのこともぜひゆっくりお話させてください(笑)。

(ナタリーコピペ)

〜〜 関連ネタ 〜〜
→進撃の巨人作者諫山創×アニメ後期ED歌手cinemastaffの対談が実現!!! (1)
→進撃の巨人作者諫山創×アニメ後期ED歌手cinemastaffの対談が実現!!! (3) 

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。