TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

トレジャーハンターが遭遇した奇妙な小人

◇評価 40ポイント
◇閲覧回数 16,129
◇登録日
2008年3月13日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
1980年の夏、プエルトリコ、サリナス市郊外の山岳地帯での出来事である。
考古学的な遺物を捜していたトレジャーハンターのチノが、
突然、奇妙な生物の一団と遭遇した。

それは、2本足で歩く、身長わずか30cmほどの小人の集団だったのだ。

アーモンド型のいくつもの目が、じっと彼を見ていた。
パニック状態になったチノは、傍らの落ちていた木の枝で、
目の前にいた小人を殴りつけた。

木の枝は小人の頭を直撃。そのまま倒れた小人は、
ぐったりとなったまま動かなくなってしまったのだ。

チノはその死体を家に持ち帰り、アルコール漬けにした。
専門家に調べてもらおうと思い、納屋の地下倉庫にしまっておいた。
ところが、その晩、家に侵入した何者かによって盗まれてしまったのだという。

なお、この小人の眼球はアーモンド型、手の指は4本で、
指と指の間には薄い膜があり、指先には鋭い爪があった。
その姿はグレイと呼ばれるエイリアンに近い。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。