TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

「ドローンズ」「ストレンジクラフト」謎の無人型UFOは本物か?!

◇評価 66ポイント
◇閲覧回数 75,862
◇登録日
2010年8月20日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
以前、あるUFO写真の鑑定結果が本物であるというネタを紹介したことがある。
このUFOの名前を「ドローンズ(無人機)」または「ストレンジクラフト」と呼ぶ。
   
今回はこのドローンズについて詳しく紹介しよう。

2007年4月、アメリカ・カリフォルニア州等の西海岸一帯に、突如異形のUFOが出現した。
始まりは、チャドという人物によってWEB上に公開された写真が発端だった。

その1か月後には、カリフォルニア州とネバダ州にまたがるタホー湖付近に、
新たなドローンズが出現した。
この時、その場にいた夫婦によって目撃、携帯電話のカメラで撮影されている。
夫婦の話によれば、ドローンズは、ゆっくりと低空を移動、
急激的な鋭角移動をした後に飛び去ったという事だ。

さらに同月、アラバマ州バーミンガムとカリフォルニア州キャビトリア、
翌6月には、同じくカリフォルニア州ビッグベインジ州立公園と立て続けに出現。
その後もイタリア、フランス、ハイチと世界中で出現を繰り返している。

ドローンズの特徴は、出現するたびにその形態が異なっていることだ。
パーツが増えたりしながら、進化しているのである。
さらに、ドローンズはこれまでのUFO写真とは違い、鮮明な画像が多い。

当然ながら、模型やCGではないかといった指摘が出現当初からなされていた。
だが、これだけのパターンすべてをフェイクとして生成するのは現実的な話ではないだろう。

その後、「アイザック」と名乗るエンジニア兼コンピュータ科学者が
自身のサイトで、「自分が1980年代に関与していた反重力テクノロジーで開発されたものだ」
という情報が流れた。(下の画像はアイザックが公開したもの)

これを真に受けるならば、すでに地球製UFOが完成していることになる。
だが、そのような機密物体を民間人の目に届く場所で飛行させるのは考えにくい。

これまでのドローンズに関する調査では、実際にCG合成と判明した画像もある。
だが、すべてがそうであるというわけではないようだ。
他にも、アメリカ軍の新兵器説、異星人の偵察UFO説などあるが、
当然ながらどれも確証はない。

さらなる情報が判明次第、追って報告する。


  UMAとUFO、宇宙人の関連商品はamazon.co.jpから購入できます。





本当にいる
「宇宙人」
完全ファイル
世界の未確認生物【UMA】
ファイル
超仰天! UFO&エイリアン怪奇遭遇ファイル200 U SPIRITS矢追純一UFO現地取材シリーズ DVD-BOX (2枚組)


UMA&UFOネタ一覧へGO!!

謎の生物、宇宙人、UFOの映像、画像、話題がいっぱい!
「UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場」TOPに戻る


【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。