TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

アポロ11号アームストロング船長のUFO目撃通信記録?!

◇評価 137ポイント
◇閲覧回数 53,324
◇登録日
2009年7月24日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
  
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」

1969年7月16日、アポロ11号が月面に着陸し、
アームストロング船長が最初に月に降り立ったときの言葉はあまりにも有名だ。
だが、アームストロング船長とヒューストン(NASAのジョンソン宇宙センター)との
通信の中に、奇妙なやりとりがあるのをご存知だろうか?


アームストロング「あっ、おい、あれはいったい何だ?!」
    月司令船「おい、どうしたんだ。何があったんだ。詳しく知らせろ。」
     管制室「こちらヒューストン。アポロ11号応答せよ。」(数回繰り返される)
アームストロング「ここのベビーたちはどれも巨大だ。バカでかいもんだ。
         信じられないだろうけれど、あそこに例の宇宙船がある。
         クレーターの向こう側の縁にずらーっと並んでいるんだ。
         やつらは月面で我々を監視している。」

この会話は、どう考えても”UFOとの遭遇”である。
しかし、この驚愕すべき報告をNASAはひた隠しにし、
UFOが並んでいる場面はカットされて世界の茶の間のテレビに流されたのである。

この交信の1日前、アポロ11号が月を回る軌道に入って1日目に、彼らはすでにUFOに遭遇していた。
そのときの状況について、アームストロング、オルドリン、コリンズの3人が
地球帰還後に行った対談の記録も残されている。

   オルドリン:「月の軌道に入って1日目に、あれはかなり近いところで見えたんだ。」
    コリンズ「窓を覗いていたらあったのか、それとも偶然見つけたのか?」
   オルドリン「最初、SIVP(サターンロケットのブースター)かと思った。
         ところが地上局を呼んで聞いてみたら、
         ブースターは6000マイル離れているといってきたんだ。
         それで僕ら、どうしていいのか途方にくれたんだ。」
    コリンズ「確かに何かがそこにあったんだ。
         ゴツンというショックを受けたような気がしたけど、あれは気のせいかも知れない。」
アームストロング「彼はおそらくメシアがきたと思ったらしい。」
    コリンズ「でも、何かがぶつかったとはちょっと思えないなあ。」
   オルドリン「それ以外にも小さな光る物体が、どんどん通過するのを見ていたけど、
         急に明るい大きな物体を発見したんだ。それで、望遠鏡で見たら、L字型をしていた。」
アームストロング「私にもやっぱりふたを開けたスーツケースのように見えた。」
   オルドリン「自分は月着陸船の方に降りていって望遠鏡で見た。
         六分儀のフォーカスを合わせてみると、シリンダー状に見えたんだ。」
アームストロング「じつは、2つの輪がつながった格好だったのかもしれない。」
    コリンズ「僕には空っぽのシリンダーに見えた。
         そのシリンダーがグルグル回転していたのもはっきり見えた。
         お尻の方をこちらに向けて近づいて来たときに、中もはっきり見えたんだ。」


UFOの存在を、もはや疑う余地はないだろう。

関連ネタ→アポロ20号が発見した月面人工構造物?

【画像左:アームストロング、コリンズ、オルドリン】
【画像中央・右:アームストロング船長が撮影したというUFO】

UMA&UFOネタ一覧へGO!!

謎の生物、宇宙人、UFOの映像、画像、話題がいっぱい!
「UMA&UFO道場」TOPに戻る
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。