TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

南北戦争時代に射殺されたプテラノドンのようなUMA?!

◇評価 13ポイント
◇閲覧回数 45,057
◇登録日
2009年3月31日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
南北戦争中の1860年代アメリカ、アリゾナ州トゥームストンにて、
翼竜「プテラノドン」にそっくりな怪物が兵士によって偶然撃ち落とされ、
写真におさめられた。

プテラノドンといえば、中生代白亜紀後期(約8,930万〜約7,400万年前)に
棲息していた恐竜である。翼を広げれば大きいもので9mにもなる巨大さだ。

添付した左の写真を見ていただきたい。
銃を持った6人の兵士の足下には、奇怪な姿をした巨大な怪鳥が横たわっている。

確かに これはプテラノドンのようである。

しかし、ご存知の通りプテラノドンは、遥か太古に絶滅している。
とても19世紀まで生き延びていたとは到底思えない。
これはいったいどういうことなのだろうか?

ちなみに、右の写真は、1868年に小屋の屋根に突っ込んで
死んでいる翼竜のような姿をした生物の写真で、
地元新聞社の記事に写真入りで掲載されていたようだ。

関連ネタ→翼竜型UMA「ローペン」の飛行映像か?!(動画)

UMA&UFOネタ一覧へGO!!

謎の生物、宇宙人、UFOの映像、画像、話題がいっぱい!
「UMA&UFO道場」TOPに戻る
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。