TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

ケクスバーグのUFO墜落事件!!二転三転する当局の説明!!

◇評価 31ポイント
◇閲覧回数 14,284
◇登録日
2009年3月17日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
1965年12月9日の午後5時頃。
カナダからアメリカのミシガン州を北から南へ、そこから東南に進路を変え、
オハイオ州へ向かい、最終的にはペンシルバニア州へ落下しながら、
さらに方向を変えるという奇妙な動きの”火の玉”が、
多くの住民によって目撃された。

ペンシルバニア州ケクスバーグの住人は、
明るく燃えながら森に落ちていく火球を目撃。
さらに別の住人は森から立ち上る煙を自宅から見た。

森に入った人物によれば、そこには半分土中に埋まった直径3〜4mの
ドングリ状の怪物体があった
という。

すぐさま軍が現場に大挙し、巨大な物体を回収。
オハイオ州の空軍基地に運び去ったのだ。

だが、ここで空軍は情報を隠蔽し、
「何も無かった」という声明をいち早く提出するのである。

米国防総省はその後、問題の物体は隕石だったと説明しながら
詳しい情報はひた隠しにした。

2003年、アメリカのジャーナリストが、この事件に関する文書が
NASA局内に存在するかどうかの調査を求める訴訟を起こした。

NASAは2005年に、この正体が人工衛星だと声明を出していたのだ。

根負けしたNASAは、2007年10月28日までに再調査を約束。
真実が明るみになる事を期待したい。

【画像左:ドングリ状の怪物体のレプリカ】
【画像中央、右:怪物体の再現イラスト。物体には奇妙な"文字"が描かれている】

UMA&UFOネタ一覧へGO!!

謎の生物、宇宙人、UFOの映像、画像、話題がいっぱい!
「UMA&UFO道場」TOPに戻る
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。