TOP > 学問・研究 > オーパーツ (OOPARTS) 道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 オーパーツ (OOPARTS) 道場

アンティキシラの歯車

◇評価 35ポイント
◇閲覧回数 11,283
◇登録日
2007年10月3日
ゴリツァ(`O´)o
ゴリツァ(`O´)o
道場主

Lv.68

Check

前のネタへ
次のネタへ
1902年、考古学者が、ギリシャで水深約40mの海底に沈んでいた難破船から目盛りと文字が刻まれた青銅製の歯車4個を発見した。それには古代ギリシャ文字で暦に関する記述や星座名が刻まれて、紀元前82年頃の古代ギリシャ文明に造られた歯車である事が判明した。
 
それから70年後、X線で歯車の内部構造を調査した結果、幾重にも重なった32枚の歯車を内部に発見した。
それだけでなく、1575年にドイツで造られた天文時計で初めて使用されたとされる差動歯車機構という技術も使われていたという。その技術とは、回転の組み合わせによって回転数や回転速度を変えられる仕組みだが、博士がその回転比を解析した結果、天動説における「地球を中心とした太陽と月の公転比」である「19:235」とピタリと一致したのだ。
 
それは、古代ギリシャ文明の天文学者が「太陽が地球の周りを19周する時に、月は地球の周りを235周する」事を知っていたということであり、表面に刻まれていた星座名や暦に関する記述で、この歯車の正体は「自動的に日付を合わせて太陽や月の位置を計測する天球儀」だったのではないかと考えられた。
アメリカ軍事大学の博士により、残された文献をもとに世界中で古代ギリシャの品を再現するという試みが行われていたのだが、その結果、当時の技術力が現代の我々の想像以上に高度であることが分かってきたのだ。そして、この歯車もまた復元された。

発見当初、木片の残骸が歯車の周りに付着していたことから、この歯車は元々木箱に入れられていたものだと考えられた。
復元された歯車の箱の表側には、地球を中心にした太陽と月の位置を表す表示板が取り付けられ、裏側には日付を表す2つの表示板が取り付けられた。
箱の横に取り付けたクランクハンドルを回して裏側の表示板に好きな日付を合わせると、表側の表示板にその日の地球から見た太陽と月の位置が表示される仕組みだ。しかも、その誤差は100分の1度という驚くほどの正確さだったのだ。
 
このことは、古代ギリシャ文明の技術力が、いかに高度なものであったのかを再認識する手がかりとなった。
発見者に感謝したい。実に素晴らしい発見だ!!
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。