TOP > レジャー・アウトドア > 男性なら多くの人に起こりえる病気ED とは「勃起機能の低下道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 男性なら多くの人に起こりえる病気ED とは「勃起機能の低下道場

知っておきたい「精子」の話、「勃起」のしくみ

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 75
◇登録日
2017年9月6日
aewrawreaer
aewrawreaer
道場主

Lv.2

Check

知っておきたい「精子」の話、「勃起」のしくみ

●「勃起力」の鍵を握る、自律神経の整え方

ご自分の生活を振り返ってみて、「交感神経」の休む暇がないと感じた方は、できるところから生活改善をして、「副交感神経」が優位になる、リラックスタイムを持つ努力をされると良いでしょう。
「リラックスしなくちゃ」と思っても、自律神経は意識的に切り替えることができない、というのが難しいところ。ただし、やり方はあります。

基本的に、シアリス 通販自律神経は自動的にコントロールされているのですが、その中で唯一コントロールできるものが、「呼吸」です。
通常の呼吸は、無意識に行っているのですが、その速さや回数を自分で意識的にコントロールすることもできますよね。
つまり、呼吸法を自覚的にコントロールすれば、自律神経に働きかけて、バランスを調整していくことができるというわけです。

気づいていらっしゃるかわかりませんが、心身が緊張状態にあると、呼吸が浅くなっています。
興奮すると、肩が上下して、呼吸が荒くなるのも同じです。
こうしたときに、あなたはどうするでしょうか。
緊張を和らげるために、気持ちを落ち着かせるために、深呼吸をしたり、息を深く吐いたりしませんか?これは、無意識に自律神経のバランスを整えようと、体が反応しているのです。

ゆったりした呼吸を、リズミカルに繰り返すことで、心は穏やかになり、心身の緊張状態が緩みます。
いわゆる「腹式呼吸」をマスターすることで、自律神経のバランスを整えていくことができますから、1日に1回寝る前にでも、下記の要領で無意識に蓄積している心身の緊張を解いてあげましょう。

実践する環境としては、蛍光灯の明かりの下は望ましくありません。威哥王交感神経を刺激してしまいます。
明かりを暗く絞るか、間接照明など、直接瞳に光を感じないようにすると、よりリラックス効果を得られるでしょう。
好きな音楽をかけたり、アロマを焚いたりしても良いですね。
服装も締め付けるものではなく、パジャマやジャージなどで行なってください。

【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】
登録されていません

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る