TOP > ノンセクション > 神秘系まにあ道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 神秘系まにあ道場

第1回 『自己紹介』

◇評価 0ポイント
◇閲覧回数 866
◇登録日
2017年1月3日
Serem
Serem
道場主

Lv.2

Check

次のネタへ

初めまして、Serem (セレム) です。



もちろんハンドルネームです。



【神秘系まにあ道場】への訪問、ありがとうございます。



こちらでは神秘系のネタを発信していくつもりです。



ちなみに、神秘系といってもオカルトや心霊写真、UFO、都市伝説などの類ではありません。



ここで言う“神秘系”とは宇宙や魂、意識、転生など、もしかしたら皆さんの世界観や人生観を変えてしまうかもしれない知識や情報、考え方のことです。



ただし、それらが科学的に証明されているわけではありません。



あくまでも人類社会で古来から培われている知識、考え方として解釈して頂ければと思います。






さて、今回はネタではなく自己紹介をしたいと思います!




なぜ私が神秘系世界に惹かれるようになったのか、それには、きっかけがあったのです。



私が中学生の頃、『ノストラダムスの予言』が流行りました。



「1999年、人類は滅亡する!」



16世紀に生きたノストラダムスが人類の未来を予言したのです。



1999年まであと10数年



中学生の私は恐怖を感じました。



しかも当時は米ソ冷戦時代



大量の核兵器を保有する2超大国、アメリカとソビエト連邦が睨み合っていた時代なのです。



そのため当時は『核戦争〇分前』という言い方をされたものでした。



そんな時代に“人類滅亡”というノストラダムスの予言を知れば、当然、予言が現実的に思えてくるわけです。



ノストラダムスの予言は当たるのか?



僕は死ぬのか?



死んだらどうなるのか?



そんな疑問が中学生の私を神秘系世界に向かわせたのでした。



予言、死後の世界、生まれ変わり、に対する関心が



やがて



心霊、UFO、占い、魔術、密教、へと興味が広がっていきました。



実際に黒魔術を使ったこともあります。



(黒魔術に関しては不思議なエピソードがあるので後日、体験談を紹介します)



そんなオカルトの世界に埋没した私は、ある1冊の本に出会いました。



それがきっかけで私はオカルトを卒業して、さらに深い精神世界に興味を抱くことになったのです。



しかし、高校生になるとジャーナリズムに関心を抱き、歴史や国際情勢という現実的な分野にのめり込みました。



そして現在に至っているわけですが、現実的思考をしつつも、精神世界への直感的探求は続いています。



そのような経験を送ってきたこともあり、私の人生観、世界観は大きく変わりました。



同時に不思議な体験もするようになりました。



自己紹介が長くなってしまいそうなのでこのあたりで今回は締めますが



この【神秘系まにあ道場】では、私が今まで培ってきた神秘的な知識、インスピレーションで得られた情報、不思議な体験などを通して得られた『ネタ』を発信していこうと思っています。



ちなみにこのような試みは初めてです。



最後にこの言葉を綴って締めたいと思います



『信じるな、疑うな、自分で確かめろ』



そういうことです(笑)



※私はいかなる宗教、秘密結社、政治団体には属していません。どちらかと言えば“神様”を信じていません。

なので、勧誘されることは絶対にありませんので安心してください(笑)




【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る