TOP > 学問・研究 > UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 UMA&UFO(未確認生物&未確認飛行物体)道場

映画化されたUMAその2「ジェヴォーダンの獣」

◇評価 20ポイント
◇閲覧回数 13,478
◇登録日
2007年9月29日
エイリアンぐれい
エイリアンぐれい
道場主

Lv.67

Check

前のネタへ
次のネタへ
1764年〜1767年までの間、
フランス中南部にあるジェヴォーダン地方にて現れた謎の怪物。

目撃者達の証言では、牛ほどの大きさで俊敏に動き、
全身が剛毛で覆われた狼のような外観で、
背中に1本の縞が走り、脇腹には黒と焦げ茶の斑点があって、
鋭い鉤爪とライオンのような尾を持ち、口からは大きくはみ出た牙があり、
面立ちはグレイハウンド犬のようであったとされる。
その怪物は「ベート」と呼ばれ、120人以上の村人を食い殺し、
近隣の人々を恐怖に陥れた。

フランス国王ルイ15世は何度か討伐隊を派遣し、
1765年に派遣された狩猟隊が一匹の狼を仕留め、
これこそが「ベート」とされたものの、その後も殺戮は止まず、
特に女性や子供を食い殺し続けた。

これ以上犠牲者を出さない為に、「ベート」を殺すしか無いと村人達は結束し、
1767年6月19日の狩り出しには、300人が参加したと言われている。

この日、地元の猟師ジャン・シャステルが「ベート」を射殺し、
事件は収束したとされる。
しかし結局、「ベート」の正体が何であったのかは不明のままとなった。

この事件は、「ジェヴォーダンの獣」として2001年に映画化された。
キャストはモニカ・ベルッチ ヴァンサン・カッセル
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。