TOP > 学問・研究 > オーパーツ (OOPARTS) 道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 オーパーツ (OOPARTS) 道場

サッカラのフライホイール

◇評価 13ポイント
◇閲覧回数 14,719
◇登録日
2008年8月29日
ゴリツァ(`O´)o
ゴリツァ(`O´)o
道場主

Lv.68

Check

前のネタへ
次のネタへ
カイロのエジプト博物館に展示されているこの不思議な物体は1937年にカイロ郊外の
サッカラ(ギザの大ピラミッドの南)の第一王朝アジブ王の皇太子サブーの墓から
発掘され 紀元前32世紀ごろ(今から5100年前)の物といわれています

古代エジプトは科学発祥の地で滑車やはずみ車(フライホイール)も古代エジプトにて
発明されています ですからエジプトでこれらが発見されるのは不思議でなさそうですが
実は これらが発明されたのは紀元前15世紀で第一王朝より1700年以上も後の事なのです
さらに、紀元前15世紀のはずみ車は、これよりずっと単純な形状をしており このような
複雑な形状はしていないのです

さらに不思議なのは その材質で 何とこのはずみ車は シストと呼ばれる非常にもろい岩で
出来ています このシフトは現代の技術をもってしても加工するのに 大変な精度が
要求されるもので 当時の加工技術ではまず加工は不可能と言います

まさにオーパーツです!

ただしフライホイールは慣性モーメントが大きい程効率が高いのに対し
この形状では直径のわりに慣性モーメントが小さくなってしまい 効率があまり良くないとのことです

技術の確立されていない頃に創られた
効率のよくないフライホイール・・・・
現代でも加工の難しい素材を使用・・・

いったい何の為に 誰が・・・・

謎は尽きません

 
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。