TOP > レジャー・アウトドア > アウトドアを楽しむ道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 アウトドアを楽しむ道場

無駄な出費を押え、賢く気軽に乗馬が出来るアドバイス。

◇評価 10ポイント
◇閲覧回数 25,256
◇登録日
2012年8月27日

Check

前のネタへ

良い乗馬クラブに出会う為には体験乗馬を経験しクラブの施設確認をしましょう。



良い乗馬クラブに出会う為には体験乗馬を経験しクラブの施設確認をしましょう。

初心者の場合は狭い馬場でも気にせず馬に乗る事だけに気を取られがちですが、
大切な事は練習馬場の面積の広さです。
初めのうちは初心者用の狭いスペースでぐるぐるとまわっているだけですが、ある程度慣れてくると
必ず広い練習馬場で乗りたくなるし技術の向上のためにも広い練習馬場が必要になります。

乗馬を観光・ファッションの一部として提供しているようなクラブでは一見整備された施設で
ユーザーとしては飛びつきやすいのですが、
大半が施設の外観維持やCM・広告など乗馬とは関係ないところで費用が多く掛かる為、
乗馬に必要な施設のみに投資している老舗のクラブと比較するとその分入会料金などが割高で
尚且つ馬場も狭い所もあり、本格的・長期的に乗馬を続けていきたい方がより広い馬場を求めて
途中でクラブを移籍することも少なくありません。
その時クラブの選択の失敗と高額な入会金を含めた料金の差額に気付くのです。

長く続けていける料金なのか?一度考えてみましょう。

本当に乗馬を続けてもらいたいというクラブは、
入会金も安く利用料金も利用者に長く続けてもらう様負担がないように設定されています。
出費と利用回数を考えたうえでクラブのシステムを選びましょう。
自分にとって利用しやすい料金でなければ、いずれ通わなくなることは目に見えています。

アクセサリ類は初めから全部そろえなくても良い。でも周りのメンバーや馬に失礼の無いように節度ある服装を。

服装の事ですが、最初はまだ乗馬を長く続けるか判断出来無いかと思いますので、
最初の内はス二カ―、ロングパンツでも全然大丈夫です。

ただ教室で計画的・長期的にチャレンジしょうとお考えならば、
最低でもその場の雰囲気に合ったユニホームで習われるのがエチケットですし、
折角買ったのだからと続けるためのモチベーションにもなります。

また正しい服装は高価な馬と整備された施設を使わせてもう事と
指導を受ける事に敬意を表わす意味でもあります。

このように周りへの気遣いや敬意を払うということも紳士のスポーツである乗馬の大切な要素です。

入会前に体験教室に通う。

乗馬を続けていく上で大事な点は、自分が望んでいる指導が受けれるか、
疑問があれば無知を恥じず遠慮せずに理解出来るまで質問する事です。

気になる乗馬クラブがあれば入会前に体験教室などに通い、
スタッフがどれだけ親身に対応してくれるか必ずチェックしてください。
次に興味が沸けば週1回程度の利用で短期間に限られておりますが、
定期的に通える乗馬教室にチャレンジしてみましょう。
ご負担の無い出費で楽しく、乗馬の雰囲気と馬について様々なことが理解出来る様になります。

本当に「乗馬を続けていきたい」と思えたら乗馬クラブに入会する。

体験乗馬等を通してだんだん乗馬が楽しくなり、
乗馬利用回数を多く望むようになって初めて永久メンバーの入会を検討してください。
この時期になると乗馬がとても楽しくみなさん生涯続ける意気込みにもなっているころです。

永久メンバーの入会金は平均して数十万円とそれなりに高額になります。
当方の統計では平均3年位が乗馬を続けるか否かの岐路になるようで、
乗る程難しく奥の深さを悟り長期間乗馬を続けて技術をマスターするか、
諦めて自然に離れて行く方に別れていくようです。

もし長く続けたいと思うのであれば馬術競技の大会などを目標に練習されるのも良いでしょう。
より人馬の絆も深まり、本当に乗馬を楽しむことができると思います。

まとめ

以上が乗馬を始めるうえで無駄な出費を押え、賢く気軽に乗馬が出来る為の大事なポイントです。

当方は福岡在住ですが、福岡県鞍手町で約40年前からある乗馬クラブ
「KRC乗馬クラブ」http://krc-horse.com/
さんのほうでお世話になっています。

料金体系がわかりやすく、また継続していくと割り安な料金体系になっています。
また乗馬を長く楽しんでいただけるよう利用料金も抑えた料金体系になっています。
お近くの方は乗馬がどのようなものか一度見学されるといいと思います。
【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る