TOP > 学問・研究 > クラゲ道場 > ネタ

道場TOP ネタ一覧 クラゲ道場

サカサクラゲの飼い方

◇評価 132ポイント
◇閲覧回数 116,794
◇登録日
2012年4月10日

Check

前のネタへ
次のネタへ


最近、ドンキやゲーセンのUFOキャッチャーの景品にもなっているサカサクラゲ。
クラゲの中でも丈夫で飼いやすく、初心者向けの種類といわれています♪

サカサクラゲの飼い方や特徴をまとめてみました!!(・▽・b)



サカサクラゲの生態
普通のクラゲとはちがって、カサが平で上下逆さまになっているのが特徴で、
カサを下・触手を上にしてまるでイソギンチャクみたいな格好で生活してます。

水底に沈んでいるか、こうやって水槽の側面にくっついているのが特徴♪

学名は、 Cassiopea ornata  英名は、マングローブ ジェリーフィッシュ。

名前のとおり、マングローブの浅瀬に生息していて日本だと九州以南のあたたかい
海にいる熱帯性のクラゲさんだそうです。
褐虫藻を体の中に共生させていて、餌だけではなく光合成して栄養を作れます!!
「根口クラゲ目」というクラゲの仲間で、あのエチゼンクラゲの仲間になるらしい♪







サカサクラゲの飼育

小さいクラゲさんは、大きくなるまでの間は家にある容器でも飼育ができます。
初心者の自分は、まずは簡単飼育からはじめてみました・・・(・▽・b)

◆飼育で必要なもの◆
バケツ ・カルキ抜き・人工海水の元・水温計・比重計・餌(ブラインシュリンプ)・スポイト・
れんげのような大き目のスプーン・26℃設定のヒーター

容器は、クラゲさんが大きくなるまではプラケースなどの容器でも大丈夫です。
エアポンプやろ過装置を使うときは、吸い込まれないように注意が必要です(;▽;)
クラゲは、カサに気泡が入るとカサが破れて死んでしまうのでとってもデリケート。
小さいクラゲさんの場合、エアポンプを使わなくても酸素を補給できるように、
海水の水面が空気にたくさんふれるような広い水面にするとよいんだそうです♪

そういうこともあるので、初心者さんが小さいクラゲを飼うときは、
本格的な水槽よりはプラケースや大きめのビンで飼育するのがおすすめだそうです!



サカサクラゲの適温は?
サカサクラゲに最適な水温は、20〜25℃。熱帯性のクラゲさんなので低温に弱い
寒くなるとちぢれて元気がなくなって弱っていきます・・・((;▽;)))爆爆爆

プラケースやビンみたいに小さい容器だと、水中ヒーターで水温を管理できないので、
爬虫類用や小動物用のパネルヒーターを下に敷く方法もおすすめです♪

30℃になると、種類によっては溶けてしまうクラゲさんもいるので高温にも注意!!

また、サカサクラゲは渇虫藻で光合成するので、少し日光にあててあげるとよいですが
水温が上がりすぎるので直射日光は厳禁だそうです。カーテン越しで!!(;▽;)
日光にあてるときは、家にいて水温を見られるようなときのみにしたほうが無難です。


サカサクラゲの水換え
だいたい1週間に1回くらいのペースで、海水を3分の1ほどを交換します。
人工海水の元を、カルキ抜きした水に溶かして比重計で比重を計って海水を作ります。
クラゲを移動させるときは、れんげのような大き目のスプーンで海水ごとすくいます。




サカサクラゲの餌
海中で体内の藻で光合成して栄養を作ったり、プランクトンを食べて生きています。
ただ、光合成だけで作れる栄養素だけだと栄養不足になってしまうので餌が必要!!
餌は、ブラインシュリンプ(シーモンキーの幼生)を毎日孵化させてスポイトで与える
のがいいそうですが、冷凍のタイプやクラゲの餌も売っているのでおすすめです♪
ハッチャー24 という孵化器で、シュリンプの卵を孵化させて一日1〜2回、スポイトで
触手にやさしくふきかけるようにして与えます♪

水が汚れるので、与えすぎに注意して少しずつ優しく与えるのがポイント(((;▽;)))

→ ブラインシュリンプについてはこちら


Amazon.co.jp  〜 サカサクラゲ飼育グッズ 通販はこちら!! 〜

テトラ 26℃
ミニヒーター 50W
テトラ ハイドロメーター
(海水用 比重計)
テトラ ブライン
シュリンプエッグス
ブラインシュリンプ孵化器
ハッチャー24



【このネタに対するあなたの評価は?】
☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆
【キーワード】

ブログ? そんなの必要ありません! 今日から、いきなりアフィリエイトスタート!

【まにあ道アフィリエイト】まにあ道ならAmazonアソシエイトIDを利用してネタを書くだけで、お気軽に始めていただけます。

新着クイズ

もっと見る

新着掲示板

もっと見る